フランチャイズやチェーン店は独立起業を考える人にとって重要な選択肢のひとつ。そこで注目度の高い関連ワードについて調べてわかりやすくまとめてあります。どうかお役にたててください。

【フランチャイズ情報辞典】Top >  ダイソーのフランチャイズ

スポンサードリンク


スポンサードリンク

ダイソーは、自前で直営店網を広げているように

ダイソーは、自前で直営店網を広げているように思われることが多いようですが、フランチャイズ店も意外と広く展開されています。
大半の商品が1点100円均一と計算がしやすく、商品管理も比較的容易であるようなイメージもあって、潜在的オーナーの関心は高いようです。
ダイソーが注目されるのは、何といっても、その商品力にあると言えます。
現在、取扱品数は9万種ほどで、毎月千個近くも新商品が開発され、店頭に供給されている状況から考えると、フランチャイズ加盟後も、商品が陳腐化することはまず考えられません。
ダイソーにフランチャイズ店として加入するに当たり、最初に預り保証金として100万円、開設準備金として50万円がかかります。
加えて、店内陳列什器代や商品買取代金なども必要となりますが、その金額は店舗の広さによって決まります。

フランチャイズにありがちなロイヤリティーは設定されていませんが

フランチャイズにありがちなロイヤリティーは設定されていませんが、代わりに運営管理費として月額3万円が徴収されます。
ダイソーの商品力を考えると、フランチャイズ店舗は大きい方が良いに決まっていると思ってしまいそうですが、数坪の小規模店での開業も捨てたものではありません。
大はショッピングセンター内から、立地条件さえ良ければ商店街のこじんまりとした店舗でも、それなりに収益を上げることは可能です。
契約が順調に進み開業する前には、本部と直営店で「ストアートレーニング」として約2週間研修を受けることになっています。
フランチャイズが未経験でも大丈夫と高をくくることなく、絶好の機会を生かして、ダイソー流の経営ノウハウをとことん吸収する位の貪欲さも経営を軌道に乗せるためには必要なことです。

【関連リンク】小売・販売で独立するフランチャイズ情報


スポンサードリンク


独立やフランチャイズ起業などを目指す時、まず重要なのは情報収集です。
いろいろな業種やスタイルの事情を理解することが成功への第一歩になるのです。
そこでお薦めなのが「フランチャイズ比較ネット」です。
セブンイレブン、ファミリーマートといった定番コンビニから明光義塾や伸び率ナンバーワンの学習塾まで業種別の情報が豊富。 便利なのが「予算から探す」というフランチャイズ検索機能。 「投資できる予算が100万円しかないけれど…」というケースでも条件にあったフランチャイズが簡単に見つけられます。 是非、ブックマークされることをお薦めします。  
▼▼▼
フランチャイズ比較ネット

また、フランチャイズだけでなく、さらに広く独立や開業の情報を知りたい方は「アントレnet」がおすすめです。 フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」では、 「フランチャイズ本部を見極める18の質問」など、実戦的なコンテンツや具体的なフランチャイズ募集情報などがあり、各社への資料請求無料でできますし、フランチャイズ以外の独立開業のノウハウやサービスの情報が入手できます。
会員登録は無料ですので独立開業をお考えならば登録しておきましょう。  
▼▼▼
フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」

【フランチャイズ情報辞典】Top >  ダイソーのフランチャイズ

フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報