【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの移動販売  > フランチャイズの移動販売パターンは増加傾向。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズの移動販売パターンは増加傾向。

年々、フランチャイズの飲食店が移動販売を取り入れようという流れは増加傾向にあるそうです。
中には、移動販売のほうが売り上げ効率がよいために、店舗を手放し、移動販売1本に絞るというケースも出てきているのだそうです。
逆にうまくいかないという場合ももちろんあるようです。

大手のフランチャイズのチェーン店も一度は移動販売に参入をこころみたところが少なくはないそうです。
ただ、その場合は、移動販売は売り上げの管理や人の管理さえままならないものです。
その部分がネックになっている場合も多いようです。

【関連リンク】ファーストフード・テイクアウトで独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報