【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの意味  > 飲食店やコンビニなどで耳にする「フランチャイズ」の意味とは?


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

飲食店やコンビニなどで耳にする「フランチャイズ」の意味とは?

フランチャイズの意味を皆さんはご存知でしょうか。
フランチャイズは今や日常生活でもよく聞く言葉だと思います。
しかしながら、「フランチャイズの意味」を詳しく説明が出来るという人もなかなかいないのではないでしょうか。

フランチャイズという言葉は、そもそも英語に「franchise」という単語があり、この言葉がそのまま日本語として使用されているのだそうです。
フランチャイズの意味は「(人や会社などに)特権(一手販売権)を与える」というものがフランチャイズの意味です。

プロ野球やサッカーチームの本拠地や興行権といった意味でも日本では「フランチャイズ」が使用されるそうです。

なお、フランチャイズビジネスはアメリカで開発されました。
それが日本にも普及したものなので、フランチャイズビジネスの用語には英語が多用されているのです。

【関連リンク】→フランチャイズ成功者の体験談

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報