【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの意味  > 契約書によって定められる「特権」の内容は?


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

契約書によって定められる「特権」の内容は?

では、そのフランチャイザーからフランチャイジーに与えられる特権(特別な権利)の内容とは、一体どのようなものでしょう。

その特権とは、フランチャイザーがフランチャイズビジネスを運営するために開発した仕組みや商品のことです。

まずフランチャイザーの商標やサービスマーク、そしてチェーン名称を使用する事ができる権利があります。
次に フランチャイザーが開発した商品やサービスや情報など、経営上のノウハウを利用する事ができる権利。
そしてもうひとつがにフランチャイザーがフランチャイジーに継続的に行なう指導や援助を受ける事のできる権利。一般的にはこのような内容で構成されています。


通常これらの特権は、フランチャイジーにひとまとまりのパックとして提供されます。
そのひとまとまりのパックはフランチャイズバッケージと呼ばれるそうです。

フランチャイザーとフランチャイジーとの一定のルールの下でフランチャイズパッケージは提供され、利用するものです。
そのルールこそが「フランチャイズ契約」なのです。

【関連リンク】→フランチャイズ実施企業一覧

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報