【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの契約書  > フランチャイズの契約書について。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズの契約書について。

フランチャイズの契約書について簡単に書いていこうと思います。

フランチャイズの契約書に限らず、契約書とは「読みやすい」ものではありません。
普段から契約書を読み慣れているという人はなかなかいないでしょう。

しかし、フランチャイズ契約を締結する事は、フランチャイズの加盟をするにあたって必要不可欠なステップ。

フランチャイズ契約を締結する事によって、本部と加盟店を拘束するその後の全ての権利と義務が決められるのです。

そのフランチャイの契約書の内容には本部(フランチャイザー)も加盟店も拘束される、というのが原則となっているのです。
加盟金がいくら、保証金がいくら、そのお金の意味は? ロイヤリティがいくら、本部はナニをどの程度サポートしてくれるのか…
この点から、フランチャイズの契約を締結する時には、そのフランチャイズの契約書の内容はきちんと読んで理解しなくてはいけません。
意味がわからない部分は本部の人に聞くとか、あるいは契約書を読み慣れている知り合いに聞くなどしておいたほうがよいと思います。

【関連リンク】→フランチャイズ成功者の体験談

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報