【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズのメリット  > フランチャイズのメリットやデメリットとは


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズのメリットやデメリットとは

フランチャイズのメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

フランチャイズ加盟で独立開業する事の最大のメリットは、「とにかく手早く独立、開業できる」ということでしょう。
フランチャイズのメリットをまず1つ挙げるとすれば、このポイントが大きいと思います。

フランチャイズへの加盟はSOHOなどの個人事業と並んで、起業、独立開業の一番簡単な方法と言えるのではないかと思います。

事業の経験がなくても、本部がいろいろと事業の指導をしてくれ、仕入れや宣伝などのサポートもあります。
多くの場合、フランチャイザーと呼ばれるフランチャイズの本部は、開店するまでの準備段階から研修を行ってくれたり、開業後の運営に関しても、フランチャイズ店運営のノウハウをそれぞれの段階に応じてアドバイスしてくれます。

フランチャイズは一から会社を設立するのとは違い、仮に業界の知識や経験ゼロの未経験の分野でも開業が可能なのが、フランチャイズ加盟の大きなメリットと言えるでしょう。
それと引き替えに、というわけではありませんが、契約書に縛られ、本部に対するロイヤリティが発生します。
これをデメリットとするケースもあると思いますが(あまりにロイヤリティが高いなど)、事前に契約書の内容のチェックが必要です。

【関連リンク】
経営に興味のある人必見!未経験でも経営成功の理由とは!?

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報