【フランチャイズ情報辞典】Top >  印鑑のフランチャイズ  > 印鑑のフランチャイズが成功するわけ。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

印鑑のフランチャイズが成功するわけ。

印鑑は日本人にとって絶対的な必需品だと言えます。

はんこ工房では、独自に開発した販売システムがあります。
その販売システムによる入店しやすい店構え、低価格での販売、製造直売によるスピード仕上げ等の販売方法によって顧客の潜在的な需要を直接刺激するのが狙いなのだそうです。

これらの販売方法は確かに地味ではありますが、我々の生活に非常に身近で安定した市場である印鑑市場、そこに加えて顧客の拡大をはかっていく為の様々な経営戦略があるのです。
はんこ工房の販売システムは、むしろニュービジネスとして大きな可能性を秘めているものと言えるかもしれません。

現在、印刷業界のマーケット規模は14兆円と言われているそうです。
その中で印鑑やゴム印の他に、名刺、軽印刷、会社案内やパンフレット等の小部数印刷である小ロット印刷は、実は印刷会社は嫌がる商品なのだそうです。
しかしその潜在的な需要は大きく、逆を言えば、自信をもって差別化できる商品だと言えるでしょう。
はんこ工房の印鑑のフランチャイズではデジタルプリントサービスを取り入れています。
このような店内対応処理型の商品部門の拡大は、さらなる売り上げアップにつながるという期待がもたれています。

日本の人口1億2千万人、そのうち新成人が約150万人です。
実印を作る年齢は人それぞれで、18歳で作るという人もいれば、30歳で作る人もいます。
しかし印鑑は日本社会において必要不可欠なもので、いずれは誰もが持つことになるものです。
現在7000店の印鑑のフランチャイズ店舗に一人平均3本、年間152万人の人が平均に買いに行っても、単純計算で一店舗につき年間650本、月54本の売上ということになります。

これに会社設立などに必要となる代表者印、そして銀行印や角印、さまざまな書類に使う認印等の法人需要が加わる事によって大きなマーケットとなるのです。

【関連リンク】資金0円〜100万円で独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報