【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの契約書  > フランチャイズの契約書…「消費者と販売社」の関係ではないことに注意。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズの契約書…「消費者と販売社」の関係ではないことに注意。

フランチャイズの契約書を理解するにあたって、ある程度の法律的知識が必要となります。

また、フランチャイズビジネスを行っていく過程で加盟店は本部または第三者との間で法的なトラブルに直面するという事があります。
これからフランチャイズの加盟店になろうをしている人達が知っておくべき最低限の法的ポイントにはどんなものがあるのでしょうか。
まず、フランチャイズ契約とは、長期間のフランチャイズ本部と加盟店との間の権利義務関係を規定する契約のことになります。
このフランチャイズ契約について裁判で争われる場合、本部と加盟店の関係については必ずしも事業者と一般消費者、つまり弱者の関係とはみられないのだそうです。

なぜならばその両者は事業者同士であるからです。
基本的にはフランチャイズ契約の締結、店舗の経営につき加盟店は自己責任を負うという見方をされるのだそうです。

この自己責任はフランチャイズビジネスでは当然の原則であり常識でもあります。
にもかかわらず、このことを認識できていない加盟店希望者は意外と多いそうなので注意が必要です。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報