【フランチャイズ情報辞典】Top >  喫茶店のフランチャイズ  > 名古屋で有名な喫茶店のフランチャイズ店といえばコメダ珈琲店。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

名古屋で有名な喫茶店のフランチャイズ店といえばコメダ珈琲店。

コメダ珈琲店は、株式会社コメダが経営している喫茶店のフランチャイズチェーンです。

コメダ珈琲店の店舗数は現在も日々増えつづけています。
コメダ珈琲店は愛知県を中心にして全国に300店舗以上存在しています。
近年は愛知県だけでなく、全国展開を開始していますが、その経営形態は現地のフランチャイズ会社に委託するという形態が主となっているようです。

また、特定の地域に集中して店舗展開をする、いわゆるドミナント的な店舗展開を行っているのもコメダ珈琲店の特徴です。

なお、名古屋市瑞穂区にある店舗はかつてコメダ珈琲店の本店と呼ばれていましたが、現在この店舗は個人オーナーに売却され、上山店と改名されています。
そのためこの店舗は現在はフランチャイズの本部機能を持っているわけではないのだそうです。

コメダ珈琲店は喫茶店のフランチャイズですが、厳密なマニュアルは存在しないのだそうです。
オーナーの裁量が占めている部分が大きく、そのメニューやサービス、そして経営方針などは店舗によって多少違いがあることがあるようです。

コメダ珈琲店の目印は黒地にオレンジ色の文字で店名が書かれた看板です。
この文字は日展評議員でもある書家の樽本樹邨氏によって書かれたものなのだそうです。
コメダの社長が樽本の教え子だった関係で、依頼されて書いたのだそうです。

コメダ珈琲店には広い駐車場が付属していることが多いそうです。
その店内はゆったりとしたログハウス調の作りになっており、自由に読むことができる雑誌や新聞が店内に20冊以上、常時用意されているので、店内に長居しやすい雰囲気となっています。
そのスタイルはコーヒーそのものの味を楽しむことに主眼に置いた最近の珈琲専門店のスタイルとは一線を画し、のんびりとした昔ながらの喫茶店に近い雰囲気といえると思います。
客層も老若男女問わず多くの人で賑わっているようです。

喫茶店の数が多いといわれる愛知県で、コメダ珈琲店はフランチャイズ店ながら地元にしっかりと根を張り、多くの人から親しまれているのです。
客の中には「ファン」の域に達しているリピーターも多くいます。

【関連リンク】カフェ・喫茶のフランチャイズ一覧

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報