【フランチャイズ情報辞典】Top >  焼肉のフランチャイズ  > 焼肉も今やフランチャイズの時代。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

焼肉も今やフランチャイズの時代。

焼肉のフランチャイズについて簡単に書いていこうと思います。
焼肉が嫌いだという人はあまりいないのではないでしょうか。
少なくとも私の経験ではまだであった事がありません。

焼肉の店舗は数ありますが、積極的に焼肉のフランチャイズ事業を行っている焼肉店も少なくありません。
実は、飲食店の中でも焼肉は人気の業種です。
ということで、焼肉のフランチャイズによる独立、開業を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそもフランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる本部と、フランチャイジーと呼ばれる加盟店の、それぞれ独立した事業者から成り立っています。
フランチャイザーとフランチャイジー双方が対等の立場で、独立性を保ちながら取り組む共同事業がフランチャイズなのです。

フランチャイジーは商標やチェーン名の使用、そして経営ノウハウやフランチャイザー、フランチャイズ本部からの継続的な支援を受けることができるなどのメリットが受けられます。
また、その代わりに、その見返りとして一定のロイヤリティをフランチャイザーへ支払うというシステムとなっているのです。


飲食・移動販売・弁当業界で独立しよう!【アントレnet】

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報