【フランチャイズ情報辞典】Top >  ホテルフランチャイズについて  > フランチャイズの業態はさまざま、ホテルもそのうちの一ジャンル。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズの業態はさまざま、ホテルもそのうちの一ジャンル。

適用されることの多い業種としては、コンビニなどの小売業のほか、ラーメンやファストフード、ファミレスなどの外食産業不動産業、不動産販売、自動車整備などのサービス業に至るまで多岐に渡っています。
世界初のフランチャイズはあの有名なケンタッキーフライドチキンで、日本では六十年代に不二屋、ダスキンが、七十年代にセブンイレブン、モスバーガーなどの外食産業がそれぞれフランチャイズとして事業展開を始めています。
例えば同じ名前の店舗であっても全てがフランチャイズとは限らず、直営店で実績を積んで精巧している店舗を模範にフランチャイズ展開をしていくのが通例なので、外見からはその区別がつきにくくなっています。
ホテルもそのうちの一業種ですが、フランチャイズシステムを使っているホテルは主なところで以下が挙げられます。

●ソラーレホテル&リゾート
チサンホテル、ロワジールホテルなどで知られます。
●サンルートホテル
加盟金500万円、保証金300万円などが加盟条件になっています。ロイヤリティは3%。
●ワシントンホテル
土地の有効利用としてワシントンホテルがテナントとしてそこへ入居して運営する、というタイプのチェーン店展開です。
●フィフティズ
ローコストでホテル本体も建設。ファミリータイプの手頃なホテルです。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報