【フランチャイズ情報辞典】Top >  マクドナルドのフランチャイズ  > 直営店を縮小するマクドナルド・フランチャイズ戦略の狙い。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

直営店を縮小するマクドナルド・フランチャイズ戦略の狙い。

これはどういう動きかというと、マクドナルドは、直営店の縮小を進めているわけです。
これによって、本部業務への集中を狙うわけです。

マクドナルドは人手不足による人件費アップや、食材価格の値上がりなどで、直営店の運営コストが上昇しているという現実があります。
そこで、コストを抑えつつ、店頭での売上高を増やす事が可能なマクドナルドのフランチャイズ店化を急いでいるようです。

2008年2月末の時点で、マクドナルドは全国3730店のうち7割の約2660店を直営で運営しているということです。
残りの約1070店は、フランチャイズ契約を結んだオーナー約340社が運営しているそうです。

マクドナルドのフランチャイズ店はオーナーが本部にロイヤルティーを支払うというシステムのため、マクドナルド本部にとっては出店や改装、そして人件費などのコスト負担を抑制する事ができる上に利益率を高められるというメリットがあるのです。

マクドナルドがフランチャイズ化を急いで進めているのは必然の流れといえるかと思います。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報