【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズのロイヤリティ  > フランチャイズにはロイヤリティがつきもの。契約書をチェック。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズにはロイヤリティがつきもの。契約書をチェック。

フランチャイズのロイヤリティについて簡単に書いていこうと思います。

フランチャイズに加盟することによって、独立、開業を考えている方にとって、やはり最大の関心後はフランチャイズの加盟金と、フランチャイズのロイヤリティなのではないでしょうか。

フランチャイズの加盟店は、フランチャイザーと呼ばれるフランチャイズ本部に対して、フランチャイズの契約書を交わした際、加盟金を支払います。
そしてフランチャイズの契約期間中にはフランチャイズ本部に対してフランチャイズのロイヤリティを支払うのが通常のフランチャイズのシステムです。

これは、フランチャイズの加盟店がフランチャイズ本部からの商標権、商品やサービスのノウハウの供与、経営指導などなど、フランチャイズ店の経営に関する情報を得るフランチャイズパッケージに対しての対価として支払うものがフランチャイズのロイヤリティなのです。

【関連リンク】
経営に興味のある人必見!未経験でも経営成功の理由とは!?

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報