【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズのロイヤリティ  > フランチャイズの加盟金、ロイヤリティの意味は?


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズの加盟金、ロイヤリティの意味は?

このうち、フランチャイズの加盟金は、店舗開設や開業援助、そして教育など、フランチャイズの加盟時に本部から提供されるサポートへの対価に相当するものです。

フランチャイズのロイヤリティは、商標やマークの使用権、そしてノウハウ供給、経営管理、指導、販促援助、宣伝広告などなど、フランチャイズ店開業後に継続的にフランチャイズ本部から提供されるものに関わる費用という性格を持っています。

フランチャイズの加盟金は、その名称の代わりに「保証金」としたりですとか、ロイヤリティの代わりに看板料や業務委託金、もしくは加盟賦課金などの名目にしているフランチャイズ本部もあるそうですが、実体は同じものです。

一部のフランチャイズ本部では、フランチャイズの加盟金もフランチャイズのロイヤリティも徴収しないところもあるのだそうです。

しかし、そういった場合も、フランチャイズの本部からフランチャイズの加盟店に供給される商品や資材などの代金の中にフランチャイズのロイヤリティ相当分の対価が含まれているのだそうです。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報