【フランチャイズ情報辞典】Top >  セブンイレブンのフランチャイズ  > セブンイレブンは日本のフランチャイズのパイオニア。本家もお手本に…。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

セブンイレブンは日本のフランチャイズのパイオニア。本家もお手本に…。

そもそもセブンイレブンは日本産まれのコンビニエンスストアだと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはセブンイレブンはアメリカ発祥のコンビニなのです。

日本では「セブンイレブンジャパン」という社名になっていることからも、そのことが伺えると思います。

またセブンイレブンのロゴを見てみて下さい。
ロゴの最後の(n)が小文字になっているということにお気づきでしたでしょうか。

セブンイレブンは元々、イトーヨーカ堂の子会社である「ヨークセブン」がアメリカの「Southland Corporation」からライセンスを取得して事業を開始したそうです。

アメリカとの習慣の違いからなのか、日本での事業開始当初はなかなか馴染めずにいたようです。
それを、日本の市場に特化できるように柔軟に特化していったことで、今日ではセブンイレブンは日本におけるコンビニエンスストアの草分け的な存在となったのでした。

加盟店募集情報クリック♪セブン-イレブンで独立!

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報