【フランチャイズ情報辞典】Top >  スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)  > スターバックスの歴史…もともとアメリカ発のコーヒーチェーン店。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

スターバックスの歴史…もともとアメリカ発のコーヒーチェーン店。

スターバックスは、もともと、本社をアメリカ合衆国ワシントン州シアトル州を構えているコーヒーのチェーン店です。

現在、スターバックスは世界30ヶ国にも展開を成功させています。
このことからも理解できるように、非常にワールドワイドな企業で、日本には1996年に第一号店が開店しました。

そのスターバックス一号店の成功をきっかけにして、以後次々と多店舗展開を続けました。
現在では日本国内のスターバックスのチェーン店数は600店舗以上にまでになっているということです。

スターバックスは「スタバ」という愛称で親しまれています。
若者を中心として人気を博しているコーヒーショップです。
スターバックスはコーヒーショップで一番のシェアを日本では誇っています。

そして、直営店ばかりだったスターバックスも(同社はフランチャイズとは区別していますが)ライセンス事業によるチェーン展開を最近は大々的に展開はじめました。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報