【フランチャイズ情報辞典】Top >  スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)  > 店舗数が多いということは成功事例が多いということ。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

店舗数が多いということは成功事例が多いということ。

この店舗数を単純に47都道府県で割ると、スターバックスのチェーン店が各県に平均10店舗を超える数、あるということになるのです。

これだけの数のチェーン店を展開できるという事は、それだけ成功事例があるという証拠でもあると思います。
独立起業を計画している人にとっては、このスターバックスのフランチャイズ(同社がいうライセンス事業店)はかなり計算が可能な魅力的なフランチャイズ企業と言えるのではないかと思います。

スターバックスはアメリカが大元であるサービス業という事もあって、経営方針から接客スタイル、そして店舗のクリンリネスや商品管理など、ありとあらゆる経営に必要な項目がマニュアル化されています。
初心者で飲食店やコーヒー店、接客業に関する知識があまりない方だとしても、少ないリスクでスターバックスの経営が可能なのです。

また、スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)以外にも、「ドトール」や「カフェ・ド・クリエ」などなど・・数多くの企業がコーヒー店のフランチャイズビジネスに参加し、店舗を展開しています。フランチャイズの条件などは各社によって違うので、独立を視野に入れている方はまず資料を集めてみましょう。

【関連リンク】カフェ・喫茶のフランチャイズ一覧

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報