【フランチャイズ情報辞典】Top >  TSUTAYA(ツタヤ)のフランチャイズ  > 会員カード、クーポン、ポイントなどさまざまな制度やキャンペーンで顧客を囲い込み。


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

会員カード、クーポン、ポイントなどさまざまな制度やキャンペーンで顧客を囲い込み。

またTSUTAYA(ツタヤ)では、会員カードによって商圏を100%掌握する事が可能なシステムがあります。
それは「エリアマーケティングシステム」と呼ばれるtsutaya独自に開発されたデータベースシステムなのです。

そのデータベースとは、既存のTSUTAYA(ツタヤ)のフランチャイズ約1300店舗の町丁目別人口データを組み合わせることによって構築しています。
10分商圏(徒歩、自転車、車)の会員化率や来店頻度、そして客単価等の標準値をもとにして、新規店舗の出店候補地の会員数を算定する事が可能な上、さらに売上の予測まで可能となっているのだそうです。

他にもTSUTAYA(ツタヤ)にはナレッジシェアシステム「tsutaya NAVI」というシステムがあります。
tsutaya NAVIでは、新商品の情報、店舗運営ノウハウのTSUTAYA(ツタヤ)本部からの発信を行うだけではなく、各店舗から運営ノウハウを発信してもらうことができます。
これは店舗の利益を最大にできるように、「売上の増加」、「仕入の適正化」、「経費の削減」、「投資額の削減」といったさまざまのナレッジ(知恵)をTSUTAYA(ツタヤ)の各店舗で共有するシステムなのです。

また、tsutayaではスーパーバイザーによる巡回指導を行っています。
スーパーバイザーによってTSUTAYA(ツタヤ)のフランチャイズの各店舗における問題解決をサポートしているのです。

【関連リンク】資金0円〜100万円で独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報