【フランチャイズ情報辞典】Top >  花屋のフランチャイズ  > 花が好きならば言うことナシの花屋のフランチャイズ


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

花が好きならば言うことナシの花屋のフランチャイズ

花屋のフランチャイズは、ある意味、狙い所かもしれません。
まず、一般的に花屋は利益率が高いということが言えます。
そして、場所もあまり取りません。
また、花という植物を扱うことにより「環境にも人の目にも優しい商品」という点で、時代にもマッチしている気がします。
日本の花マーケットは1兆2000億円、世界では第2位の消費国です。
第2位といっても、冠婚葬祭用の花のシェアが70パーセントくらい…欧米に比べれば、日本の家には花がまだ少ない…つまり、家庭用の花市場はまだまだ伸びると思われるマーケットです。

普通、フランチャイズと聞くと、マクドナルドやケンタッキーなどの外食・飲食系の業界を思い浮かべるかもしれませんが、花屋さんにもこのビジネスは広まっているのです。

花屋のフランチャイズの場合、もともと、花に関して全くの知識のない人でも手軽に始めることができる傾向があります。
そのせいでしょうか、現在ではフランチャイジーの数も増えてきていることで知られています。

新規事業として花屋のフランチャイズを始めようと考えている場合、全く今までにそういった経験のない個人の方でもオッケーという壁の低さがよいのかもしれません。
もちろん、これまでに多数事業の経験のある法人の方でもどちらでも始めることができます。

当然ながら、すでに花屋を営業している方とた、花が好きで小さな花屋に勤めている方などであれば、その商売におけるノウハウや知識をフランチャイズに生かすことができます。

また、現在は勤めていなくても、花が好きで家のガーデニングには沢山の植物が華やかに彩っている方など、花自体を愛している方であれば特に向いている事業でしょう。

【関連リンク】
長く続けられるフランチャイズの見つけ方

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報