【フランチャイズ情報辞典】Top >  花屋のフランチャイズ  > フラワーショップFC、有名なところはどこ?


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フラワーショップFC、有名なところはどこ?

フラワーショップFCでよく知られているところでは、もともと花の仲卸をやっていた会社で、「株式会社So」が有名です。
商品の供給に関しては安心できそうですね。
開業資金は、ざっと1000万円くらいは見ておいたほうがよいでしょう。
他にも、日本フラワーセラピスト協会でも随時、説明会などを開催しています。

花屋に関わらずフランチャイズを始めようという場合、最初に自分で事業を始めることのできるスペース、土地、物件等を持っているかどうかというのも関わってきます。
もちろん、これについては所有してなくても今後物件を借りることもできます。
フランチャイズ本部が紹介してくれることもありますが、自分の足で探す姿勢も必要です。

花屋特有の仕事として、花は生きているために大切に管理しなければならないため、温度の変化には気をつけなければなりません。

夏や冬場のエアコンや暖房器具による温度調整を「花にあわせて」行う必要があります。
そこで生活する人間に合わせて行っていると、花たちに合わない状況を作り出してしまう可能性があるので注意は必要です。

ではどのような流れで始まるでしょうか。
大抵、花屋のフランチャイズを始めたいという場合は、最初に今後の事業の話し合いからスタートし、店舗確認による事業の雰囲気やウリ等を理解していきます。

その後利用する物件を探して決定に至ったら、内装や外装などの設計や施工、商品の配置などと併行して店長としての知識を深めていく研修なども受けていくことでしょう。

それらが無事終了したときはじめて花屋のフランチャイズとして開店することができます。
自分のお店という事業ですから責任は当然ありますがやりがいを感じる日々を送ることができるでしょう。

【関連リンク】資金0円〜100万円で独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報