【フランチャイズ情報辞典】Top >  カレーのフランチャイズ  > カレーはフランチャイズやりやすい飲食


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

カレーはフランチャイズやりやすい飲食

フランチャイズの広がりはカレー業界でも例外ではなく、日本でもその数は徐々に増えているようです。
日本人はカレーをこよなく愛していますので、全国どこでも成功の可能性のある業種だとえいます。
カレーのフランチャイズの利点として考えられるのは、他の業態の飲食店とくらべ、メニュー構成がシンプルだということです。
外食業界のフランチャイズで思い出すのは、ファーストキッチンやロッテリアなどが多いかもしれませんが、カレー飲食店においてもこのビジネスは広まっています。
お店を経営したことがない、カレーをお客様に出すということについて全くの知識のない人でもフランチャイズはわりと難しくなく始めることができるようで、カレーのフランチャイズに注目している方が増えています。

カレーのFCで有名なところではココイチ…カレーハウスCoCo壱番屋の独立支援制度でしょう。
他にも、えびすカレーの「勝つカレー」。
ここは、リストラや解雇、早期退職を余儀なくされた人を応援するということで、「FC加盟金・ゼロ円キャンペーン」もやっています。
これは、「不況に打ち勝て!!契約金・0円キャンペーン」というもので、2009年12月31日までにフランチャイズ契約を結べば「契約金0円」となるというもの。
なかなか、好感の持てる企業姿勢ではありませんか。

また、「素人でもプロの味が出せるシステム」というあたりもポイントです。
有名レストランのシェフが数種類のスパイスを独自に調合したオリジナルのルーが店舗には配布されるわけです。
初期投資額の平均は750万円以内といいますから、飲食としては低額なほうだと思います。

【関連リンク】飲食店で独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報