【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズと法律  > 中小小売り商業振興法とフランチャイズの関係


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

中小小売り商業振興法とフランチャイズの関係

フランチャイズ加盟に当たり、関連する法律の中でも、「中小小売商業振興法」は特に重要になります。
フランチャイズをターゲットとしている訳ではありませんが、業界の適正化を図る上で、大きな比重を占める法律です。
中小小売商業振興法では、契約の際に法定開示書面を交付し、契約の概要を提示することが、法律により義務付けられています。
開示内容の骨子となるのが、契約の要点・概説および情報開示書面です。

法制定後も、本部と加盟者の間でトラブルの発生防止を強化すべく、2002年に改定され、本部の情報開示義務が強化されることとなりました。
加盟者は、本契約の前に、本部の経営状態をしっかりと把握する余裕が持てるようになっています。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報