【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズと法律  > 公取作成のフランチャイズガイドラインや独禁法も関係が


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

公取作成のフランチャイズガイドラインや独禁法も関係が

他には、独占禁止法も、重要な法律として挙げられます。
これもフランチャイズを念頭に置いている訳ではありません。
しかしながら、えてして加盟者は本部からさまざまな制約を受けがちであり、独占禁止法に抵触しているのではないかと疑問の声が高まるにつれ、注目度が増しているのです。

1983年には公正取引委員会より「フランチャイズ・ガイドライン」が策定され、2002年には改定もなされました。
欺瞞的顧客誘引、抱き合わせ販売、優越的地位の乱用など、抵触するかどうかの判断は、ケースバイケースによるとしています。

法的には、一応保護体制は整えられていますが、業界団体の社団法人日本フランチャイズチェーン協会でも「倫理綱領」を制定し、業界の適正化に努めています。
国家の立法機関による法律ほどの拘束力はありませんが、加盟メンバーには、遵守が強く求められているのです。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報