【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズ 未経験可  > 未経験者でもやっておくべきこと


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

未経験者でもやっておくべきこと

フランチャイズにいざ加盟するとなると、最初に本部の指導の下で、初期研修や店舗の設計指導を受けるのが一般的です。
業務一切がマニュアル化され、未経験可であったとしても、商売人として独り立ちできるよう、やる気が求められるのは言うまでもありません。
開業後も、月に1回程度は本部から「スーパーバイザー」が派遣され、継続的な指導や相談を受けることができます。
加盟店を黒字化することは、本部にとっても利益になることであり、指導にも熱がこもります。

未経験可といっても、すっかり本部に任せっ切りにして良いものではありません。
せっかく来てくれた客をないがしろにしていては、遠からず客足は遠のきます。
初めのうちは儲けが殆んどでないのが、半ば「常識」です。
「未経験可」であっても、フランチャイズ加盟に当たり、最低でも半年分の生活費や3か月分の運転資金を確保するのは、基本的な「約束事項」です。

【関連リンク】→フランチャイズ成功者の体験談

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報