【フランチャイズ情報辞典】Top >  天下一品のフランチャイズ  > 京都の1ラーメン屋は、今や年商80億円の巨大企業へと成長したのです


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

京都の1ラーメン屋は、今や年商80億円の巨大企業へと成長したのです

京都の1ラーメン屋は、今や年商80億円の巨大企業へと成長したのです。
ただ、質を保ちたい意向があってか、店舗は最大で300店に抑えるとしているのも職人魂を感じさせられます。
フランチャイズは誰でも加盟できる訳ではなく、資金的以外に、いくつか条件が課せられています。
まずオーナーが自ら店に立つこととされ、商売に対して真摯な姿勢を要求しています。
さらに、最低でも1日400杯がノルマで、天下一品を名乗る以上、それくらい覚悟は必要と、正に体育会系です。
代表の木村氏は、60代半ばとなった現在も、司令塔として現場に立ち続けています。
ラーメン店で成功するには、最初に夢を持ち徹底的にこだわることと語っているのも企業理念がよく現れています。

【関連リンク】ラーメン・うどん・ソバで独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報