【フランチャイズ情報辞典】Top >  お好み焼のフランチャイズ  > お好み焼は、比較的容易に参入できそうなイメージ


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

お好み焼は、比較的容易に参入できそうなイメージ

お好み焼は、比較的容易に参入できそうなイメージがあるからか参入者は多く、フランチャイズでも人気業種にランキングされています。
何より自分も好きだからというのも、強い動機になっている模様です。
金銭面でいえば、フランチャイズに参加するに当たり、加盟金、保証金、研修費、店舗開設・設備費など、お好み焼の場合、合わせて3千万円程度が、初期費用としての相場であるようです。
年間売上高は600万から700万円ほどという店舗が多数派であるようで、早ければ2年程度で回収できたというケースもありますが、開店から黒字化に至るまでの間に耐え得るほどの生活費は、確保しておくのは必須事項です。
お好み焼の材料となる粉、ソース、マヨネーズなどは、フランチャイズ本部から供給されるのが一般的です。

【関連リンク】ファーストフード・テイクアウトで独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報