【フランチャイズ情報辞典】Top >  お好み焼のフランチャイズ  > 開店前には既定の研修を受けることが一般的で、


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

開店前には既定の研修を受けることが一般的で、

開店前には既定の研修を受けることが一般的で、技術習得も比較的容易で、飲食業としては難易度の低い業種と言えます。
フランチャイズチェーンでは、各社独特の味や調理器具など、資金さえ確保できれば、誰にでも使用が可能なシステムが構築されているものですが、それにしても、立地条件は重要なカギを握ります。
お好み焼屋にやってくるようなお客は、近隣からというのが大半を占めるのが通常で、立地条件が適切でなかったばかりに閑古鳥が鳴く悲劇にも見舞われるリスクは隣り合わせです。
お好み焼は、家庭でも作れるお手軽料理であり、わざわざ出向いてまで食べるほどの価値がないと判断されれば、だれも見向きもしないでしょう。
フランチャイズにあえて挑むのであれば、本部からの指導を受けつつも、オーナーにも一経営者としての意気込みも必要となります。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報