【フランチャイズ情報辞典】Top >  ドトールのフランチャイズ  > おいしくて安いコーヒーを、地価の高い都会の真ん中で味わえると


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

おいしくて安いコーヒーを、地価の高い都会の真ん中で味わえると

おいしくて安いコーヒーを、地価の高い都会の真ん中で味わえると、ドトールはコーヒーの価格破壊のパイオニアとして名高いコーヒーショップです。
知名度が高いこともあって、フランチャイズ加盟の引き合いも、なかなか盛んなようです。
フランチャイズとして考えると、ドトールは初期投資が高い方に挙げられます。
加盟金150万円、保証金150万円の他、厨房設備や店内の内装に関わる費用など、立地条件にもよりますが、4千万円内外の費用が必要となるのが標準的な線です。
ドトールは、セルフサービス方式のコーヒーショップの走り的な存在で、人件費を抑え、店頭でコーヒー豆を販売するなどの企業努力が功を奏し、客が払った値段以上のクオリティーのコーヒーを安く提供できるのが、業界としての大きな強みです。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報