【フランチャイズ情報辞典】Top >  パンのフランチャイズ  > フランチャイズで業績を上げるとなると


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

フランチャイズで業績を上げるとなると

フランチャイズで業績を上げるとなると、パンの味はどの店舗でも同じであることが求められます。
主原料の小麦粉をどうするかとか、生地のこね方によっても、味は全然違ってきます。
多くの場合、生地は本部が管轄する工場で、一括して作られたものが供給されるので、後はマニュアル通りに焼き上げていけば、各店舗で共通した風味に仕上がるという寸法です。
パンに限らず、特定の食品がマスコミで取り上げられるなどしてブームになることがありますが、それだけでフランチャイズに飛び込むのはリスク大です。
以前、某店の蒸しパンが評判になったことがありますが、最近では鎮静化しているようです。
例えば白いたい焼きなど、加盟時は良くても、数年を経ずしてブームがしぼむケースは、枚挙にいとまがありません。
法的に本部は、法定開示資料といって、直近の撤退店舗数などを開示する義務があるので、フランチャイズ加盟を決めるための資料として活用したいものです。

【関連リンク】ファーストフード・テイクアウトで独立するフランチャイズ情報

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報