【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズのデメリット  > 経営ノウハウは全て本部が設定し、


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

経営ノウハウは全て本部が設定し、

経営ノウハウは全て本部が設定し、商品の仕入先なども全て指定されるなど、末端店舗のオーナーが創意工夫してオリジナリティーを出す余地がない、というケースもあります。
もちろん、各店舗の創意工夫を認め、逆に推奨しているフランチャイズもありますが、一から十まで、上からの指示に従うだけで良しとしない性格の持ち主にとっては、デメリットとして映るでしょう。

大抵のオーナーにしてみれば、独立の夢をかなえるためにフランチャイズに加盟したはずなのに、加盟後は本部から何かとしばられるのは、オーナーによってはデメリットに見えかもしれません。

スーパーバイザーなどとして本部から派遣されるのも、経営上のアドバイスや仕入れの相談と称して、契約通りに経営がなされているかのチェックも兼ねていることは想像に難くありません。
好むと好まざるにかかわらず、フランチャイズ加盟店は、本部のブランド力やイメージに大きく左右されます。
ある加盟店舗で、食中毒発生など、ひとたび不祥事が起これば、自店も大きく影響を受けるなど、潜在的なデメリットに挙げられます。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報