【フランチャイズ情報辞典】Top >  フランチャイズの失敗  > 商いに必要とするものは、フランチャイズ本部から


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

商いに必要とするものは、フランチャイズ本部から

商いに必要とするものは、フランチャイズ本部から(有償で)与えられるとは言え、加盟店オーナーの性格や資質は、業績に大きく影響を与え得ます。
いくら儲かりそうだと評判の業種であっても、およそ商売というものは、そんな甘いものではありません。
オーナー自身に意欲がなければ、客にも居心地の悪さが伝染し、やがては客足が遠のき、失敗へと至るのです。
「万人に合うフランチャイズは存在しない」とよく言われるようですが、核心を突いた表現です。
加盟店のオーナーとしての性格、嗜好、経済状況、はてまた商売が軌道に乗るまでの生活費の確保など、いろいろな要素が混じり合って、同じ仕事がある人には成功を、ある人には失敗をもたらす一面があるのです。

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報