【フランチャイズ情報辞典】Top >  儲かるフランチャイズ  > どれもが儲かるフランチャイズではない


スポンサードリンク

フランチャイズやチェーン店について注目度の高いワードの意味を調べてみました。業態としては、たこ焼き、クレープ、メロンパンなど移動販売系からセブンイレブンやローソンのようなコンビニ系、さらに飲食店経営、あるいは不動産は人材派遣など多岐にわたります。それらについてのさまざまなトピックを掲載しています。


スポンサードリンク

どれもが儲かるフランチャイズではない

もともと本部がビジネスをフランチャイズ化するのは、経営リスクを軽減させながら、大きな事業展開を容易にできうるからです。
どのフランチャイズのHPでも、加盟後のメリットが強調され、いかにも儲かるフランチャイズであることを匂わせてはいますが、当然、誰でも成功が保証されているわけではありません。
フランチャイズのシステムや市場動向などもありますが、やはり成功するかどうかは結局オーナーの力量がモノをいうのです。
「儲かるフランチャイズ」という甘い文句ばかり追うのも、一から商売を立ち上げるのに不安があって、寄らば大樹の陰で何か確実なものに頼りたいとの心理を鋭く突いていることが背景にあると考えられます。
それでも、利益率や在庫のあるなし、初期投資の大小などから、「儲けやすい」と思われる業種はありえます。
たとえば、今注目なのが「買取ビジネス」。
これは、不要品を買い取って、それを売却して利益を得るものですが、売却先はすでに確保されており、行うことは「不要品を買い取る」、すなわち対面した相手からお金を払ってもらう必要がありません。
他にも今なら、「おそうじビジネス」や「カーリペア」なども注目です。

資料請求はこちらから→フランチャイズ比較ネット

……この記事の全文をみる

スポンサードリンク


フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報