フランチャイズやチェーン店は独立起業を考える人にとって重要な選択肢のひとつ。そこで注目度の高い関連ワードについて調べてわかりやすくまとめてあります。どうかお役にたててください。

【フランチャイズ情報辞典】Top >  人材派遣のフランチャイズ

スポンサードリンク

人材派遣は求人側・求職側双方にとって便利な仕組みです。また、起業として人材派遣を考えても在庫や設備投資のリスクを考えると妙味のある職種。そして、フランチャイズというシステムともマッチしているようです。人材派遣とフランチャイズについて調べてみました。


スポンサードリンク

人材派遣で起業…フランチャイズは有力な選択肢。

人材派遣のフランチャイズ展開をしている会社はいくつかあります。
株式会社パソナ、株式会社エム・アール・アイ・ジャパン、株式会社キヨウシステムなど…。
人材派遣会社を起業することを考えたとき、設備などに大規模な投資は不必要ですが、人員の確保や派遣先への営業など、それなりのノウハウが必要ですから、フランチャイズも十分検討に値する選択肢です。
人材という語句は労働者以外にも意味の幅があります。
で、人材派遣という言葉が意味する概念の実態は民法上の請負や委託のようなケースを指すこともあります。
例えば家庭教師の派遣や介護のヘルパー、労働者の派遣ではなく、民法上の請負には類するが、実態としては事業所から労働現場に出向する形態であります。
そして、それも一般に派遣という言葉が使われる例も多いようです。
ただし、彼らが完全に自己の判断に従って完全に仕事を請け負っているわけではなく、あくまで実質的には事業所のある程度の命令・指揮系統が存在しているのが通例です。
いわゆる労働派遣事業法にもとづいた人材派遣ではない、とは必ずしも言い切れないのが現状です。

【関連リンク】

経営に興味のある人必見!未経験でも経営成功の理由とは!?

人材派遣…その現場の状況は?

企業としては派遣会社への即戦力となる人材派遣の要請を望む一方、派遣される労働者側としては短期のアルバイトという感覚で労働に従事する場合もかなり多いようです。
これは特に社会保険が適用されない場合に特にこの傾向が強く、派遣員自身が「バイトへ行く」という表現をしたり、自らをアルバイターと認識しているケースも同様に多いです。
即戦力となる高度な技術・及び技能を持っている人材は既に正社員として登用されていたりします。
また人材派遣のフランチャイズはその構造上、高度な技能を持つ人材が少ないという矛盾を抱えています。
これによってアルバイトと同水準の待遇であるため、それほど正社員としての自覚を必要としない派遣社員と、正社員に準じた即戦力を求める企業との間には大きなギャップが生まれており、これは翻って派遣先の企業と人材派遣フランチャイズの意識のズレということも出来るでしょう。
また人材派遣のフランチャイズの、「人材派遣」という言葉が明確ではないことの行政的な事例としては、商業登記が挙げられます。
2006年に、商業登記において会社の目的登記の取り扱いが変更されるまでは、目的の表現には具体性が必要とされており、企業目的の登記先例をのせた目的事例集によれば、人材派遣という語句は具体性を欠くとして登記が出来ないとされていました。
このため、登記の実務上は労働者派遣事業など、労働者派遣法に適した表現を使っています。
労働者派遣法では「派遣労働者を特定することを目的とする行為」は制限を受けるとされています。
ですが実際には見学や面接、業務の確認などの様々な呼び方で、事実上の派遣行為が行われています。
つまり、法的には単なる形骸に過ぎないという声もあるようです。
人材派遣のフランチャイズは、実際よりもかなりグレーな部分がある、というのは事実でしょう。
もし、登録される場合は、公的な会社情報はもとより、口コミ情報なども含め、ちょっと検討しておくことも大切だと思います。

【関連リンク】資金0円〜100万円で独立するフランチャイズ情報


スポンサードリンク


独立やフランチャイズ起業などを目指す時、まず重要なのは情報収集です。
いろいろな業種やスタイルの事情を理解することが成功への第一歩になるのです。
そこでお薦めなのが「フランチャイズ比較ネット」です。
セブンイレブン、ファミリーマートといった定番コンビニから明光義塾や伸び率ナンバーワンの学習塾まで業種別の情報が豊富。 便利なのが「予算から探す」というフランチャイズ検索機能。 「投資できる予算が100万円しかないけれど…」というケースでも条件にあったフランチャイズが簡単に見つけられます。 是非、ブックマークされることをお薦めします。  
▼▼▼
フランチャイズ比較ネット

また、フランチャイズだけでなく、さらに広く独立や開業の情報を知りたい方は「アントレnet」がおすすめです。 フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」では、 「フランチャイズ本部を見極める18の質問」など、実戦的なコンテンツや具体的なフランチャイズ募集情報などがあり、各社への資料請求無料でできますし、フランチャイズ以外の独立開業のノウハウやサービスの情報が入手できます。
会員登録は無料ですので独立開業をお考えならば登録しておきましょう。  
▼▼▼
フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」

【フランチャイズ情報辞典】Top >  人材派遣のフランチャイズ

フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報