フランチャイズやチェーン店は独立起業を考える人にとって重要な選択肢のひとつ。そこで注目度の高い関連ワードについて調べてわかりやすくまとめてあります。どうかお役にたててください。

【フランチャイズ情報辞典】Top >  マクドナルドのフランチャイズ

スポンサードリンク

マクドナルドはファーストフードで最も有名なブランドでしょう。日本では、そのフランチャイズ店の比率は以外にも低いものでした。しかし、さまざまな状況の中でマクドナルドは今、フランチャイズ増強計画をたてています。ブランドとしては申し分ないマクドナルドですから検討には十分値すると思います。


スポンサードリンク

マクドナルドのフランチャイズ増強計画。

マクドナルド店舗の多くがフランチャイズ店だと思っている方が多いかもしれません。
しかし、実態は直営店のほうが多く、フランチャイズ店のほうがシェアが小さいのです。
そこで、そこをテコ入れする計画が進行中だといいます。
つまり、現在、マクドナルドは直営店500店舗をフランチャイズ経営店に切り替える計画があるとのこと。

2008年中に昨年の3.5倍にあたる500店をマクドナルドの直営店からマクドナルドのフランチャイズ店に転換。
マクドナルド全店に占めるマクドナルドのフランチャイズ店の比率を3割〜4割ほどに引き上げるそうです。

関連リンク⇒ファストフード店で独立・開業

関連リンク⇒飲食・移動販売・弁当業界で独立しよう!【アントレnet】

直営店を縮小するマクドナルド・フランチャイズ戦略の狙い。

これはどういう動きかというと、マクドナルドは、直営店の縮小を進めているわけです。
これによって、本部業務への集中を狙うわけです。

マクドナルドは人手不足による人件費アップや、食材価格の値上がりなどで、直営店の運営コストが上昇しているという現実があります。
そこで、コストを抑えつつ、店頭での売上高を増やす事が可能なマクドナルドのフランチャイズ店化を急いでいるようです。

2008年2月末の時点で、マクドナルドは全国3730店のうち7割の約2660店を直営で運営しているということです。
残りの約1070店は、フランチャイズ契約を結んだオーナー約340社が運営しているそうです。

マクドナルドのフランチャイズ店はオーナーが本部にロイヤルティーを支払うというシステムのため、マクドナルド本部にとっては出店や改装、そして人件費などのコスト負担を抑制する事ができる上に利益率を高められるというメリットがあるのです。

マクドナルドがフランチャイズ化を急いで進めているのは必然の流れといえるかと思います。

マクドナルド、フランチャイズテコ入れとともに打ち出したコーヒー戦略。

その一方、マクドナルドは、コーヒー戦略で新しい策を打ってきているようです。

現在、スターバックスやタリーズコーヒー、そしてドトールなどのコーヒー専門チェーンや、その他のファストフード店も含めたコーヒー争いが展開されている中、マクドナルドは高級コーヒーを投入して、勝負に出ているようです。

マクドナルドのコーヒーは、専門のトレーニングを受けたクルーが、高品質のアラビカ豆だけを使用し、独自のコーヒーマシンを使用して入れるという、かなりのこだわりぶりです。

マクドナルドのコーヒーは、「安さ」と「気軽さ」という点でスターバックスやタリーズコーヒーよりも評価を得ていましたが、ここに来て、2008年2月〜3月に4日間限定で「プレミアムローストコーヒー」の無料提供を展開しました。

マクドナルドで商品注文をする時に「プレミアムローストコーヒー下さい」と店員に伝えると、「プレミアムローストコーヒー」のSサイズが1杯無料でサービスされるというものでした。

【関連リンク】ファーストフード・テイクアウトで独立するフランチャイズ情報


スポンサードリンク


独立やフランチャイズ起業などを目指す時、まず重要なのは情報収集です。
いろいろな業種やスタイルの事情を理解することが成功への第一歩になるのです。
そこでお薦めなのが「フランチャイズ比較ネット」です。
セブンイレブン、ファミリーマートといった定番コンビニから明光義塾や伸び率ナンバーワンの学習塾まで業種別の情報が豊富。 便利なのが「予算から探す」というフランチャイズ検索機能。 「投資できる予算が100万円しかないけれど…」というケースでも条件にあったフランチャイズが簡単に見つけられます。 是非、ブックマークされることをお薦めします。  
▼▼▼
フランチャイズ比較ネット

また、フランチャイズだけでなく、さらに広く独立や開業の情報を知りたい方は「アントレnet」がおすすめです。 フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」では、 「フランチャイズ本部を見極める18の質問」など、実戦的なコンテンツや具体的なフランチャイズ募集情報などがあり、各社への資料請求無料でできますし、フランチャイズ以外の独立開業のノウハウやサービスの情報が入手できます。
会員登録は無料ですので独立開業をお考えならば登録しておきましょう。  
▼▼▼
フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」

【フランチャイズ情報辞典】Top >  マクドナルドのフランチャイズ

フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報