フランチャイズやチェーン店は独立起業を考える人にとって重要な選択肢のひとつ。そこで注目度の高い関連ワードについて調べてわかりやすくまとめてあります。どうかお役にたててください。

【フランチャイズ情報辞典】Top >  スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)

スポンサードリンク

スターバックスはアメリカ生まれのカフェ。直営店がほとんどですが、ライセンス事業と呼ぶフランチャイズ同様の店舗展開があります。2004年から強化されたこのフランチャイズ(ライセンス事業)の展開は人の流れの多いスポットを中心に実績を上げています。


スポンサードリンク

スターバックスのフランチャイズってあるの? ライセンス事業とは?

スターバックスは全国どこにでも展開していますので、誰もが知っているコーヒーショップだと思います。
忙しいとき、疲れたとき、「コーヒーでも飲んで一息入れてリラックスしたいな」と思う時が誰しもあると思います。そんな時に、世界的コーヒーチェーン店「スターバックス」の看板がふと目に入ってくる…ほっとする瞬間かもしれません。
それも見知らぬ土地でならばなおさらです。

すでに日本中で500店舗以上…とうぜん、誰もがフランチャイズだと思います。
しかし、実は、当初展開した店はすべて直営店。
スターバックスは、日本ではフランチャイズはやっていないのです。
そのかわり、ライセンス事業をはじめています。

ライセンス事業…?
これは法定義上では「特定連鎖化事業」という点でフランチャイズ事業と同解釈になります。


関連リンク⇒年商1億円も可!カフェ・喫茶店のフランチャイズ

スターバックスの歴史…もともとアメリカ発のコーヒーチェーン店。

スターバックスは、もともと、本社をアメリカ合衆国ワシントン州シアトル州を構えているコーヒーのチェーン店です。

現在、スターバックスは世界30ヶ国にも展開を成功させています。
このことからも理解できるように、非常にワールドワイドな企業で、日本には1996年に第一号店が開店しました。

そのスターバックス一号店の成功をきっかけにして、以後次々と多店舗展開を続けました。
現在では日本国内のスターバックスのチェーン店数は600店舗以上にまでになっているということです。

スターバックスは「スタバ」という愛称で親しまれています。
若者を中心として人気を博しているコーヒーショップです。
スターバックスはコーヒーショップで一番のシェアを日本では誇っています。

そして、直営店ばかりだったスターバックスも(同社はフランチャイズとは区別していますが)ライセンス事業によるチェーン展開を最近は大々的に展開はじめました。

店舗数が多いということは成功事例が多いということ。

この店舗数を単純に47都道府県で割ると、スターバックスのチェーン店が各県に平均10店舗を超える数、あるということになるのです。

これだけの数のチェーン店を展開できるという事は、それだけ成功事例があるという証拠でもあると思います。
独立起業を計画している人にとっては、このスターバックスのフランチャイズ(同社がいうライセンス事業店)はかなり計算が可能な魅力的なフランチャイズ企業と言えるのではないかと思います。

スターバックスはアメリカが大元であるサービス業という事もあって、経営方針から接客スタイル、そして店舗のクリンリネスや商品管理など、ありとあらゆる経営に必要な項目がマニュアル化されています。
初心者で飲食店やコーヒー店、接客業に関する知識があまりない方だとしても、少ないリスクでスターバックスの経営が可能なのです。

また、スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)以外にも、「ドトール」や「カフェ・ド・クリエ」などなど・・数多くの企業がコーヒー店のフランチャイズビジネスに参加し、店舗を展開しています。フランチャイズの条件などは各社によって違うので、独立を視野に入れている方はまず資料を集めてみましょう。

【関連リンク】カフェ・喫茶のフランチャイズ一覧


スポンサードリンク


独立やフランチャイズ起業などを目指す時、まず重要なのは情報収集です。
いろいろな業種やスタイルの事情を理解することが成功への第一歩になるのです。
そこでお薦めなのが「フランチャイズ比較ネット」です。
セブンイレブン、ファミリーマートといった定番コンビニから明光義塾や伸び率ナンバーワンの学習塾まで業種別の情報が豊富。 便利なのが「予算から探す」というフランチャイズ検索機能。 「投資できる予算が100万円しかないけれど…」というケースでも条件にあったフランチャイズが簡単に見つけられます。 是非、ブックマークされることをお薦めします。  
▼▼▼
フランチャイズ比較ネット

また、フランチャイズだけでなく、さらに広く独立や開業の情報を知りたい方は「アントレnet」がおすすめです。 フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」では、 「フランチャイズ本部を見極める18の質問」など、実戦的なコンテンツや具体的なフランチャイズ募集情報などがあり、各社への資料請求無料でできますし、フランチャイズ以外の独立開業のノウハウやサービスの情報が入手できます。
会員登録は無料ですので独立開業をお考えならば登録しておきましょう。  
▼▼▼
フランチャイズ加盟・独立・開業の情報サイト「アントレnet」

【フランチャイズ情報辞典】Top >  スターバックスのフランチャイズ(ライセンス事業)

フランチャイズ用語
注目のフランチャイズ情報
業種別フランチャイズ情報
ブランド別フランチャイズ情報
スポンサードリンク
サイト情報